今度はやっぱりバレッタに。

最後の一枚になった“黒いレースのフラワーモチーフ”は、同じように黒のスパングルを縫い付けていますが、花芯には派手立つようにペップを加えました。

ビーズとワイヤーで同じようにするつもりが、案外重くなってしまいそうだったので、手芸箱の奥からコサージュを作るときによく使っていたペップを引っ張り出してきた次第。

・・・一度、あれはなんていうのでしょう、薄手のストッキング(のようなもの)を染めたものをワイヤーに被せて花弁等々を作り、花をカタチ作っていく―――― というものに嵌ったことがあって、その時にペップをたくさん購入していたのですよ。

物持ちのいい母親の手芸箱をひっくり返すのも、一体何が出てくるのか、宝箱のようで楽しいのですが、なんだかムスメの私の手芸箱も同じような状態になりつつあるようです。親子って面白いですね~~。

+++++++++++++++++++++++++++

中秋が過ぎて朝夜の涼しさを感じられるようになり、陽が落ちるのも少し早くなりました。今年の亜熱帯の『夏』も終わったのね~~ と思うと同時に、今年は例年に比べると、全く、本当に全く亜熱帯らしくなく、35度超えの日も少なかったし、まず、朝の7時には散歩を終えないと日差しが強くて痛くて倒れそうになるくらいにヘロヘロフラフラになっていたのが、今年は一度もそんな日差しがなかった、、、、ということに改めてびっくりします。

――――大丈夫なんだろうか、地球!?!?

コメントを残す