カテゴリー別アーカイブ: 日々のこと

久しぶりの香港で。

先日、用事があって久しぶりに香港に行くことになりました。あまりにお天気が良かったので、中途半端に余った時間にスターフェリーで九龍島から香港島セントラル行きのスターフェリーに乗船しました♪

IMG_0053-IMG_0055-

ところが。気持ちのいい海風に吹かれて気分よくフェリーを降りたものの、まっすぐ延々と目の前に伸びる陸橋を見て大後悔。すっかり忘れていました、ここを歩かなきゃショッピングセンターへも地下鉄にも辿り着かないのでした。

++++++++++++++++++++++++

今日は夕方になって予報通りに台風らしい(?)暴雨があり、台風注意報も『白→青→黄→橙→赤』と五段階あるうち最高レベルの“警報”赤色になりました。今は“嵐の前の静けさ”的ないつもの夜です。ちょっとでも逸れてくれるように祈るばかりです。

今日から8月。熱中症にお気をつけ下さいね。

ニッポンっていいな。

日本での滞在を終えこちらに戻ってきました。今回も短い期間でしたけれど、帰れる場所のある有り難さと、ニッポンの良さをひしひしと感じています。

IMG_0022-IMG_0029-

グリコの看板、相変わらずのお姿! これを見ると安心します。そのすぐ脇の随分と様変わりした心斎橋筋には未だ慣れれずに違和感を感じるのですけれど(笑)。 カエルさんはちょっと思い入れのあるもので、初めて撮らせてもらったので記念にお披露目です。

お寺にお参りし、買い物をして、お友達に会えて、短いなりに充実した滞在だったからか、それとも適応力が落ちただけ(爆)なのかもしれませんが、なんだかまだ日本にいるような不思議な感じがしています。また次回の帰国までガンバりましょう!

高速鉄道に乗ってきた!

当地から広州へ行くのに目的地に直行出来る高速バスで行くか、本数の多い高速鉄道で行くか、 迷った結果、初めて! という興味もあって高速鉄道を選択しました。

DSCF4957-DSCF4958-

以外に綺麗でしょう!?

・・・高速鉄道も、終点の広州南駅で降りてから地下鉄での移動時間を考えるとトータルで掛かる時間はバスとそんなに変わらないと思います。料金もそれほど変わりません。ただ、バスでの二時間ちょっと同じ席に座っている退屈さと渋滞かも  という恐怖を想像すると、予めチケット購入しときさえすれば高速鉄道はものすごく快適です。

最近はバスもがらがらだし、時間に合わせてロータリーに行きさえすれば乗れるのですが、鉄道の場合は予約しておいたほうがいいようです。

最悪、立ち席?、席がなくてもチケットは売ってくれるけれど、それさえも売り切れの場合がありますし、まぁ、それも数が決まっているようなので、きっと、人の息を耳元で感じるようなギュウギュウ詰めは絶対にありませんが、やっぱりね、同じお金を払うならお席は確保したいですもんね!

アボガドがここまで成長しました。

10日程前から喉が酷く痛くなりまして、発作のような咳が続いて日々過ごすことが精一杯だったのですが、ようやく喉の違和感がとれました。

自分の体調にかかりきりで他のことに意識が向いていなかったせいで、随分楽しみにしていたのに全く気がつかなかったこと、

DSCF4843-  アボガドの芽が出ました!

今年の旧正月前からなのに、殻が割れて根がちろっと出てからもなかなか成長してくれなくて、本当に成長する気があるのかと種に問いかけて(!)みたことも何度か。それが全く気にしてやれなかったこの10日程の間にぐぐぐぐんとこんなに伸びてくれました。

植物が成長するって微笑ましく嬉しいものです♥

よもぎ風呂、始めました。

マンション下の薬局の店頭で売られ始めた『艾葉』(=よもぎ)、初めての購入です。

others DSCF4546-others DSCF4525-  5元/250g

漢方でもよく使われます。
『飲んで良し、付けて良し、浸かって良し、嗅いで良し、燃やして良し』のよもぎは万能薬とも言われ効能は色々色々あるらしく、、、まずは冷え性にも腰痛にもいいお風呂へお茶パックに詰めてポチャン。

others DSCF4530-

とりあえずパンパンに詰めたお茶パックひとつ。きっと三つ分くらい入れたほうがいいと思うのでガーゼの袋を用意しなければいけません。

・・・効能云々より
立ち込めるよもぎの匂いを胸いっぱいに吸ってそれだけで幸せ。本物の超天然純和風アロマ、これはオススメです。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 

早いもので3月も今日で終わり。今年に入って三ヶ月も過ぎているなんて!

そして明日から4月。今日で“ひと区切り、そして旅立ち”の方もいらっしゃるかもしれません、色々なことがひと区切りの三月年度末、お疲れさまでした。明日からのまた新しい一日、桜の咲き誇るこの季節が素晴らしい日々となりますように。