タグ別アーカイブ: バタフライ

もうひとつの蝶の行方

シガレットケースと同じ蝶の刺繍をしたオレンジ色の着物地は、新しい形でこんながまぐちになりました。

スマートフォンOK(iPhone 7plus、6Splus、6plus、またそれに値する大きさを除きます)、カードもメガネも入ります。
肩から斜めがけにしても絶対カワイイ。短い持ち手でパーティにも。お気に入りの形になりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日本は連休が始まりましたね! ご旅行にいらっしゃる方の映像を見るととっても羨ましいです。当地も5月1日の『労働節』に合わせてお休みになりますが、週末と合わせてたった数日の休暇です  ―――といっても、休暇が何日になろうと夫婦で旅行に行くなんてことはありそうにないですけどね(爆)!
大型連休の方もそうでない方も、お出掛けする方も出来ない方も、充実した素敵な日々となりますように。

シガレットケース #1

ピンクの蝶はシガレットケースになりました。

先月に刺繍を始めたものと並べるとこんな感じ。

名刺やお店のカードを入れておくカードケースとしても使えそうです。もちろん、バッグの中でバラバラにならないようにアクセサリーやキーを入れておいても!こちらもタッセルをつけたら完成です♥

蝶の刺繍で

前回にM型口金のがまぐちに使用した蝶とは別バージョンで、以前にブローチに仕立てたことのある若干小さめとなる蝶のレースモチーフを使って刺繍を始めました。

ほぼ完成! あとは目はちゃんと入れてあげないといけません。

 

蝶のがまぐち

続けてオレンジのものも仕上げるつもりが、何でやね―――ん!な事態が発生して気落ちし、こちらから仕上げることにしました。

光沢の綺麗なコットンリネンに刺していますから、とても上品ながまぐちになっています。裏側には黒がベースのストライプの正絹着物地。ものすごく気に入っているストライプなのですが、ほんの少ししかありませんでしたので、それも含めてとてもスペシャルながまぐちなのです。

内側には鮮やかな正絹の長襦袢を使いました。
全体的には“大正ロマン風”、ジャポネスクが強調された素敵なプチバッグです。

大きさ : 口金 19cm
      幅  23cm
      高さ 12cm(クラスプを含まず)
      マチ  1cm

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日は2月22日、にゃんにゃんにゃんで猫の日だそうです。へぇ~と思いつつ、申し訳ないながら私は断然ワンコ派なので、気になって犬の日を調べてみると、ワンワンワンで11月1日だそう。猫の日はワイドショーなんかでも「今日は猫の日です」なんて紹介していたような気もしますが、「今日は犬の日です」とはどこも話題にしていなかったような気も。だからといって何がどうなるわけでもありませんが、こういうことを考えていること自体とても平和な証拠ですよね(笑)

蝶をもう一度

オレンジ色の生地にもストライプの生地にも花の刺繍が終わり、裏地もつけて、がまぐち完成♪ の目処がついたので、もう一つ気になっていた刺繍を一気に仕上げることにしました。

この蝶も中途半端になっていたもの。

完成は少し先になりそうな先日の“蝶”と同じように仕上げました。下地に黒を使うか白を使うかで、同じ図案でもこんなに印象が変わってしまうものなんだと色の妙に感動しているところ。普段であれば、色も配置も全く同じに刺すのは、二度なら楽しくても三度目以降は少し億劫に感じるのですが、これはいくつでも出来そうな気がしています。

絹地に刺繍しています。

旧正月を迎え、一週間が過ぎました。休暇モードでゆったりと流れていた時間が、故郷から戻ってくる人達が増えるに従い慌ただしくなってきているのを感じます。私はといえば、一月に崩した体調がなかなか元に戻らずすっきりしないまま二月を迎えてしまい、今後の生活をどう変えていくべきか考える休暇となりました。
というわけで、私の風邪は鼻から と決まっていますので、まずは“鼻うがい”を習慣にしたいと思っています(笑)

そしてこの一週間はひたすら刺繍をしていました。

ちょっと想像と違う方向にいってしまいましたので、本当にこのままでいいのか形も含めて再考中。そうなのです、がまぐちを久し振りにいくつか作る予定です☆

蝶々はこうなりました。

レースモチーフにビーズを刺した蝶々、以前に制作した際には裏に貼り付けたフェルトとモチーフをぐるっと糸で巻きかがって端処理をしていたのですが、今回も同じように貼り付けたところ結構しっかりと貼り合わさったので、そこまで頑丈にする必要性も感じず、これで完了! といたしました。

270x360 IMG_0135-

仕上がりの美しさという点でも、中途半端に端処理するよりよっぽど綺麗かと思いますもの!

270x360 IMG_0137-

これは母から依頼のあったもの。蝶々のブローチが何かと便利だから、と話があったのです。

・・・・もしかすると、中国結びで作った蝶々のことを話していたのかもしれない!???と今、ハタと思い至りましたが、、、、ど、どうなんだろう!?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

そろそろお盆休み—- と思っていましたら、既に帰省のピークは過ぎてUターンが始まっているのですね! 帰省や旅行で移動の方はどうぞお気をつけてお帰りになってくださいね!

蝶々のレースモチーフを使ってみる

ここ数日、蝶々のレースモチーフに刺繍をしています。

270x360 IMG_0112-

数年前に作った時はここまで刺し埋めてなかったはず。その時はそれで満足していたのでしょうけれど、下地となっているレース部分を中途半端に残しておくよりも、全面的に刺したほうが上品になるかと思いまして刺し足しています。

裏面にフェルトを貼ってブローチにするのですが、周りを糸でかがるべきがちょっと迷っています――――。

++++++++++++++++++++++++++++++

さて、台風『妮妲(ニダ)』は、無事何事もなく過ぎ去ってくれました。今までに経験した暴雨狂風と比べて“何事もなく”ということです(笑)。

・・・・数年前に狂風でバスルームの換気扇が枠ごと吹き飛ばされたこともありましたし、海沿いのマンションに住んでいた知り合いの家では夜中に狂風に耐え切れなかった窓が窓枠ごと外れて内側に吹っ飛んできたということもありましたので、それと比べると、かなり“緩かった”と思います。というよりも、“赤色”再警戒シグナルが出ていたので、来るぞ来るぞ~~と構えていたから余計にそう感じるのかもしれません。