タグ別アーカイブ: フラワーモチーフ

kimono-コサージュ 橙

他のコサージュと同じようにリボンとレースで作ったのですが私的には随分とオーソドックスなものになった気がしています。

コットンとはまた違うこっくりとした橙色。日本人の肌や髪の色にものすごく似合う色だと思います。

こちらも同様、ブローチピンとクリップが付いていますので、お洋服にもヘアアレンジにも。太めのリボンやゴムに通して手首に巻いても絶対かわいい!

++++++++++++++++++++

台風13号、あの凄まじい、当地に50数年振りとなる甚大な被害を与えた台風からちょうど一カ月。

緑豊かなヴィレッジは、枝枝が吹き飛ばされ30センチを超える大木さえもなぎ倒されて丸裸になり、木陰もなくなって荒んだ印象さえもあったのが、新たに芽吹いた葉が茂り始め、日々景色が変わってきています。

そして、ブルドーザーやトラック、チェーンソーの音も随分減りました。
一方、強風で窓ガラスが割れたりして修理に出されていた車も続々と戻ってきているようで、スカスカだった道路にも以前のように溢れています。一カ月以上掛かると話していた知り合いの車も見つけました。景観は戻りつつあります

・・・自然はスゴイ。人間もすごい。そう思う毎日です。
 

kimono-コサージュ 実り

先のブローチと似た作りですが、色と素材を少し変えることで、稲刈りビフォー/アフター のような、秋から冬の紅葉のような、前回の落ち着いたコサージュとは違った雰囲気の豊穣なブローチとなりました。

こちらも同様、ブローチピンとクリップが付いていますので、パーティに、発表会に、もちろんウェディングにも、お洋服を飾ったり、バッグにつけたり、ヘアアレンジに足してみたり、色々楽しめます。

+++++++++++++++++++++

宅配便で送りたいものがあって取次所に持ち込み、送り状をもらおうとしましたら、携帯を出すように言われ、私が理解する間も無く、住所や電話番号を入力してくれていました。
次回のためにと、どの画面を開いてどうしたらいいか尋ねてみましたら、私のiPhoneが日本語表記で説明できなくて、代わりにやってあげるから次も紙に書いてきてくれればいいよ と笑顔を返してくれましたが、、、送り状は既に存在しないようだし、なんだか消化不良でむづむづします。

・・・きっとこれはヤマト運輸の “ネコピット”、使ったことないけど、きっとこんな感じなんだろうと想像はしているのですけれど!
 

kimono-コサージュ 秋

イロイロ粋な小紋や縞を合わせた落ち着いた色合いのkimono-コサージュです。
 
 
 
黒いリボンやレースで更にオトナカワイく仕上げました。
クリップもついていますので、ヘアアレンジにも使えます。

+++++++++++++++++++++++++++

ずっとお預かりしていた天然石の一連ネックレス、バラしてネックレストップに作り変えるというミッションだったのですが、他の石もパーツも何も加えて欲しくないとのご希望で、最低限のビーズを目立たないように挟ませてもらう許可だけを得て、やっとの事でなんとか、なんとか形にしてお渡しすることが出来ました!
10mmほどの石と制約のある条件は大変勉強になりました。

 

kimono-コサージュ 白

色々な白をベースにほんのりとベージュ色を合わせたコサージュに、アクセントの組み紐を加えると、とても上品なブローチに仕上がりました。

 

 

パーティに、発表会に、もちろんウェディングにも。クリップもついていますので、ヘアアクセサリーとしても活用出来るのです。

 

ぷっくりがまぐちとビーズ刺繍

この青色はとっても好きな羽二重で、今までにも幾つかがまぐちに仕立てています。今もストライプと合わせているのを一つ準備中なのですが、もう一つ、ビーズ刺繍を施したものも進行中。

ぺったんこがまぐちにしてバッグに仕立ててもステキ~~♥ というわけで、近々取り掛かりたいなと思っています。

優雅に上品に

香港で購入してきたスパングルを使って、早速、刺繍を始めています。

ベースとなっている生地は振袖に合わせる長襦袢。厚手のとっても綺麗な光沢の正絹です。以前にも幾つかこの生地でがまぐちを作っていますが、その優美さが忘れられなくて、もう一度作りたいとずっと思っていたのです。

この刺繍も完了していないのに、もうひとつ刺繍を始めているものも。あとまだひとつ刺繍に取り掛かりたいと思っているものもあって、節操のなさに自分でも呆れてしまいますが、楽しくて仕方ないのです。

ストライプのがまぐちバッグ、完成♪

実はもう一つ、唐草模様の刺繍に使った生地と同じものに刺繍を進めているのがあるのですが、ちょっと躓いてしまいまして、考えても考えてもいいアイデアが出てきませんのですっぱり諦めて(笑)、先のがまぐちを仕上げることにいたしました。

まずはこちらから

元はコートであったタイシルクのような手触りのストライプの着物地に花の刺繍をしています。裏側にはオレンジのコットンを。奇抜なようでいて実はストライプの中の色とリンクさせ、“おしゃれ上級者”を狙っています(笑)

がまぐちとしては大きめのサイズですので、内布には、しっかりとするように、少し厚手のコットンを使いました。お財布とスマートフォン、お直し用のお化粧道具やスケジュール帳を持って、お着物の装いにはもちろん、パーティーにも。かわいいお出掛けバッグになりました。

大きさ : 口金 20cm
      幅  24cm
      高さ 20cm(クラスプを含まず)
      マチ  1cm

今度はやっぱりバレッタに。

最後の一枚になった“黒いレースのフラワーモチーフ”は、同じように黒のスパングルを縫い付けていますが、花芯には派手立つようにペップを加えました。

ビーズとワイヤーで同じようにするつもりが、案外重くなってしまいそうだったので、手芸箱の奥からコサージュを作るときによく使っていたペップを引っ張り出してきた次第。

・・・一度、あれはなんていうのでしょう、薄手のストッキング(のようなもの)を染めたものをワイヤーに被せて花弁等々を作り、花をカタチ作っていく―――― というものに嵌ったことがあって、その時にペップをたくさん購入していたのですよ。

物持ちのいい母親の手芸箱をひっくり返すのも、一体何が出てくるのか、宝箱のようで楽しいのですが、なんだかムスメの私の手芸箱も同じような状態になりつつあるようです。親子って面白いですね~~。

+++++++++++++++++++++++++++

中秋が過ぎて朝夜の涼しさを感じられるようになり、陽が落ちるのも少し早くなりました。今年の亜熱帯の『夏』も終わったのね~~ と思うと同時に、今年は例年に比べると、全く、本当に全く亜熱帯らしくなく、35度超えの日も少なかったし、まず、朝の7時には散歩を終えないと日差しが強くて痛くて倒れそうになるくらいにヘロヘロフラフラになっていたのが、今年は一度もそんな日差しがなかった、、、、ということに改めてびっくりします。

――――大丈夫なんだろうか、地球!?!?