タグ別アーカイブ: 和風

kimono-コサージュ 橙

他のコサージュと同じようにリボンとレースで作ったのですが私的には随分とオーソドックスなものになった気がしています。

コットンとはまた違うこっくりとした橙色。日本人の肌や髪の色にものすごく似合う色だと思います。

こちらも同様、ブローチピンとクリップが付いていますので、お洋服にもヘアアレンジにも。太めのリボンやゴムに通して手首に巻いても絶対かわいい!

++++++++++++++++++++

台風13号、あの凄まじい、当地に50数年振りとなる甚大な被害を与えた台風からちょうど一カ月。

緑豊かなヴィレッジは、枝枝が吹き飛ばされ30センチを超える大木さえもなぎ倒されて丸裸になり、木陰もなくなって荒んだ印象さえもあったのが、新たに芽吹いた葉が茂り始め、日々景色が変わってきています。

そして、ブルドーザーやトラック、チェーンソーの音も随分減りました。
一方、強風で窓ガラスが割れたりして修理に出されていた車も続々と戻ってきているようで、スカスカだった道路にも以前のように溢れています。一カ月以上掛かると話していた知り合いの車も見つけました。景観は戻りつつあります

・・・自然はスゴイ。人間もすごい。そう思う毎日です。
 

kimono-コサージュ 実り

先のブローチと似た作りですが、色と素材を少し変えることで、稲刈りビフォー/アフター のような、秋から冬の紅葉のような、前回の落ち着いたコサージュとは違った雰囲気の豊穣なブローチとなりました。

こちらも同様、ブローチピンとクリップが付いていますので、パーティに、発表会に、もちろんウェディングにも、お洋服を飾ったり、バッグにつけたり、ヘアアレンジに足してみたり、色々楽しめます。

+++++++++++++++++++++

宅配便で送りたいものがあって取次所に持ち込み、送り状をもらおうとしましたら、携帯を出すように言われ、私が理解する間も無く、住所や電話番号を入力してくれていました。
次回のためにと、どの画面を開いてどうしたらいいか尋ねてみましたら、私のiPhoneが日本語表記で説明できなくて、代わりにやってあげるから次も紙に書いてきてくれればいいよ と笑顔を返してくれましたが、、、送り状は既に存在しないようだし、なんだか消化不良でむづむづします。

・・・きっとこれはヤマト運輸の “ネコピット”、使ったことないけど、きっとこんな感じなんだろうと想像はしているのですけれど!
 

kimono-コサージュ 白

色々な白をベースにほんのりとベージュ色を合わせたコサージュに、アクセントの組み紐を加えると、とても上品なブローチに仕上がりました。

 

 

パーティに、発表会に、もちろんウェディングにも。クリップもついていますので、ヘアアクセサリーとしても活用出来るのです。

 

着物地コサージュ、色々と。

ここ数日は、お手伝い、というか、依頼を受けた数件のモノづくりで忙しくしていました。簡単だわと高をくくっていのですが、想像以上に時間が掛かり肩もバリバリに。ナメてかかってはいけませぬ(笑)

そして、今、取り掛かっているのがこちら

着物地でコサージュ

ここからブローチ等々に変身させる予定です。

暑い日が続きます。熱中症にどうぞお気をつけくださいね。

 

縮緬がまぐち、出品しました。

縮緬のぷっくりがまぐちをショップにアップしました。

画像クリックでWebshopへどうぞ。
注> 中国広東省からの発送になります。

口金 10.5cm
高さ 9cm(ツマミ部分除く)
マチ 7cm
タッセル 7cm

ドローイングで書いたような自由に広がる花と濃紅色の花芯がとっても素敵な縮緬を使ったがまぐちです。女性のこぶしが入るくらいの、お化粧ポーチや小物入れにちょうどいい大きさです。

 

そして、もう一点同時にアップしたこちらのがまぐちは、大変有り難いことに、本日ご購入いただきました。ありがとうございました。

 

 


online store

縮緬がまぐち完成!

地味といわれれば地味かもしれません。けれども、遠心で広がる花弁と濃紅色の花芯が印象的な縮緬と、それに合わせた紅色がとってもオトナながまぐちです。

タッセルをつけて完了――― なのですが、今の手先の状態でシルク糸を触るとどうにも引っ掛かる箇所があるので、毎晩クリームをたっぷり塗り込んでガサガサ指先がしっとりするようにを整えているところです(笑)。タッセルのお色を揃えられるまでもう少し掛かりそうです。

 

縮緬ちりめんチリメン!

続けて制作しているぷっくりがまぐち

縮緬の着物。注意深く手洗いをしても縮緬ですのでやはり縮みます。縮むと伸縮性も出てくるので使いにくいなぁ・・・・と思いつつも、どうしても使いたかった生地。ドローイングで書いたような自由に広がる花と濃紅色の花芯がとっても素敵です。

 

残念な刺繍になりました。

随分と前に刺繍していたものなのですが、、、、、完成させようと久し振りに取り出してみてびっくり。出したり入れたりしているうちに汚れたのでしょうか、画像ではビーズに隠れて見え難いのですが、何かが触れたような2mm程度の汚れが見つかりました(涙)

とりあえず刺繍を終了させてがまぐちにして自分で使おうかとも悩んでいたのですが、どうしてもやっぱり、やっぱり、我慢出来ないので、これは破棄することに。手元にある生地で同じ柄が取れそうなので、新たに刺繍を始めることにしました。