タグ別アーカイブ: 着物地

ぷっくりがまぐち、進行中。

しばらく前から縫い進めていたもの。4枚接ぎのぷっくりがまぐち、こちらも久し振りの制作です。

ついつい性分でビーズやらスパングルを縫い付けたくなるのですが、ここはぐっっっと我慢して、正絹ならではの光沢と手触り、そして着物の柄を楽しめるようながまぐちに仕上げたいと思います。

がまぐち一点、出品しました。

蔦模様のがまぐちをショップにアップしました。

画像クリックでWebshopへどうぞ。
注> 中国広東省からの発送になります。

蔦模様のがまぐち、出来ました♪

完成です!

唐草模様というより“蔦模様”、赤紫色の羽二重にシンプルに蔦を刺繍した上にゴールデンシャドウのスワロフスキーを散りばめました。
裏側にも正絹の着物地を。茶色と草色の二色ストライプですからとてもシックです。表側、裏側、どちらから見ても素敵ながまぐちです(自画自賛^^)

そして、内布には少し厚めの水玉模様のコットン。間には補強のために厚めの接着芯を挟んでいます。

パスポートがすっぽり入るくらいの大きさで、スマートフォンも出し入れに不自由することなく可能ですので、お出掛けバッグとして是非使っていただきたいがまぐちです。

大きさ : 口金 15cm
幅  18.5cm
高さ 16.5cm(クラスプを含まず)
刺繍  : ビーズ、スワロフスキー

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

三月です。幾日か少ない二月はあっという間でした。『やることリスト』は長いままですが、久し振りにがまぐちを完成させることが出来て気持ちも軽くなりました。この調子でリズムよく色んなことに取り組めそうな、そんな気がしています。

がまぐち三点、出品しました。

ビーズ刺繍をほどこしたがまぐちバッグを三点、ショップにアップすることが出来ました。

画像クリックでWebshopへどうぞ。
注> 中国広東省からの発送になります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

天気予報通りに今日は20℃近くまで気温が上がりましたので、例の(?)亜熱帯の冬日は多分終わったのではないかと思います。それにしても、呆気にとられるくらいに今年はものすごく短い“冬”でした。

寒いのが苦手な人間にもラッキーなことでしたが、我が家の14歳になる老犬のことを思うと本当に有難い限り。ご老犬に冬は辛かろうと、今年初めてお洋服を作りました。

太めのジーンズの片足を切り取って広げて、首とお腹部分にテープを足して“コート風”という、至極簡単なものなのですが、三日間といえど、役に立ったようで何より何より!

 

蝶のがまぐち

続けてオレンジのものも仕上げるつもりが、何でやね―――ん!な事態が発生して気落ちし、こちらから仕上げることにしました。

光沢の綺麗なコットンリネンに刺していますから、とても上品ながまぐちになっています。裏側には黒がベースのストライプの正絹着物地。ものすごく気に入っているストライプなのですが、ほんの少ししかありませんでしたので、それも含めてとてもスペシャルながまぐちなのです。

内側には鮮やかな正絹の長襦袢を使いました。
全体的には“大正ロマン風”、ジャポネスクが強調された素敵なプチバッグです。

大きさ : 口金 19cm
      幅  23cm
      高さ 12cm(クラスプを含まず)
      マチ  1cm

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日は2月22日、にゃんにゃんにゃんで猫の日だそうです。へぇ~と思いつつ、申し訳ないながら私は断然ワンコ派なので、気になって犬の日を調べてみると、ワンワンワンで11月1日だそう。猫の日はワイドショーなんかでも「今日は猫の日です」なんて紹介していたような気もしますが、「今日は犬の日です」とはどこも話題にしていなかったような気も。だからといって何がどうなるわけでもありませんが、こういうことを考えていること自体とても平和な証拠ですよね(笑)

ストライプのがまぐちバッグ、完成♪

実はもう一つ、唐草模様の刺繍に使った生地と同じものに刺繍を進めているのがあるのですが、ちょっと躓いてしまいまして、考えても考えてもいいアイデアが出てきませんのですっぱり諦めて(笑)、先のがまぐちを仕上げることにいたしました。

まずはこちらから

元はコートであったタイシルクのような手触りのストライプの着物地に花の刺繍をしています。裏側にはオレンジのコットンを。奇抜なようでいて実はストライプの中の色とリンクさせ、“おしゃれ上級者”を狙っています(笑)

がまぐちとしては大きめのサイズですので、内布には、しっかりとするように、少し厚手のコットンを使いました。お財布とスマートフォン、お直し用のお化粧道具やスケジュール帳を持って、お着物の装いにはもちろん、パーティーにも。かわいいお出掛けバッグになりました。

大きさ : 口金 20cm
      幅  24cm
      高さ 20cm(クラスプを含まず)
      マチ  1cm

少しづつ

すこしづつがまぐちに近づいています。

もう一つ同じ図案で刺しているストライプのものも同時進行中。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

亜熱帯に属する華南地方とはいえ、短いながらも最高気温が10℃に届かない“冬”はあるわけでして、暖房機器に疎い当地におきましては、特にタイル床の我が家のような場合、二週間程度の冬を如何に耐え忍ぶかというのが毎年の大きな課題です。

それが、今年は未だその冬が来ていないようで、このままズルズルと湿度98%の、これはこれで耐えるしかない時期を迎えてしまうのかと思うとちょっと憂鬱なんですが、今はとにかく気持ちのいい青空を満喫したいと思います。

次は花の刺繍を。

前回の刺繍はひとまず置いといて(笑)、次に取り掛かっているのは花の刺繍。鮮やかなオレンジ色が目を引く着物地をベースにしています。

こちらもがまぐちのお出掛けバッグに仕立てる予定です。

表側全体にこういった刺繍をすることで個性的な一品になれば―――と期待をしつつ、一番恐れているのは“チャイナ風”になってしまうこと。それも一つの味だとお好きな方がいらっしゃることも重々承知しているのですが、(メイドインチャイナに限らず)量産されるお土産品としてのハンドメイド品のチープさを連想されることも未だあると思います。やはり、作るからには、チャイナ風ではない“NefertariPlus風”でありたいと切に願うのです。